今週は京成杯オータムハンデ!

秋競馬始まりました!

まだまだ暑いですが、いよいよ秋競馬に入っていきます!

今週のチーム予想は京成杯オータムハンデです。今後のマイル路線を占う意味でも重要な一戦になるのできっちりと当てていきたいですね!

それでは登録の19頭を紹介します!

アストラエンブレム

前走の関屋記念ではあまり良い所はありませんでした。気性の不安定な所が出てきてるので、重賞ではまた苦戦しそうです。

アフランシール

1400メートルに良績のある馬です、1600メートルの実績が不可欠なレベルの重賞では苦戦するかもしれませんが、スピードはもってるのでハンデ次第では面白いかましれません。

アルーシャ

1400、1600と距離の融通はききますが、重賞戦線ではまだ活躍できてません。こちらもハンデが軽くなるようであれば狙う価値はあります。

アンドラステ

前走は1番人気ながら勝ち馬の決め手に屈して3着。どちらかというと時計がかかったほうが良いので、開幕週はどうでしょうか?

エントシャイデン

オープンの壁は突破しましたが、重賞の壁はまだまだ厚いという印象です。ハンデもそれなりに重くなると思われるので、どこまで頑張れるでしょうか。

シゲルピンクダイヤ

最近は気性も安定してきていますが、成長のほうがイマイチな感があります。溜めたほうがよい脚を使うので、開幕週の馬場は合わないですね。

ジャンダルム

中山マイルは得意な条件です。ですが、開幕の高速馬場は不得意なので、芝の状態とハンデの重さは要チェックです。雨が降れば穴で良いかもしれません。

スイープセレリタス

前走はスプリント戦に出て12着と冴えませんでした。ただ、速いレースに出た効果で高速馬場になっても追走を苦にしなくなることもあるので、穴としては面白いかもしれません。

ストーミーシー

出走してくれば中1週になります。1600までは守備範囲なのでハンデ次第では面白いですが、使い詰めの疲労は気になります。

スマイルカナ

逃げて定評がある馬で、開幕週の中山はうってつけです。ハンデが気になる所ですが、外して予想するのは難しいでしょう。

ディープダイバー

1600の勝ちがなく、近走も冴えないレースが続いています。距離を伸ばして新味を引き出そうとする陣営の考えが実るでしょうか。

トロワゼトワル

前走は外枠から思いきって行きました。やはり行ききったほうが良い馬なので、同形のスマイルカナとの兼ね合いが重要です。内枠が欲しいところ。

ノーワン

ハンデは軽くなると思いますが、いかんせん成績が悪いです。高速馬場もあっていないと思うので今回も見送りです。

フィリアプーラ

中山はフェアリーSを勝った舞台ですが、高速馬場は合っていない印象。成長もあまりなく、一雨降って馬場が遅くなったとしても勝ち負けまでは厳しそうです。

ボンセルヴィーソ

高速馬場もこなせる中山巧者ですが、年をとってきて大分力落ちした印象です。前があまりにも速くなった場合は、ついていけない可能性があります。

ミッキーブリランテ

どちらかというと、速い馬場より少しタイムがかかったほうが良い馬です。そこまで重くならないハンデを利用してどこまで上位にこれるか。

メイケイダイハード

中京記念で穴を出しましたが、中山の高速馬場はあまり得意ではないはずですので、おそらくハンデからも買えないと思います。

ラセット

こちらは中京記念からここに1本で絞ってきました。好走しているのが遅いタイムですので、高速馬場に対応できるかどうかがカギ。

ルフトシュトローム

なかなかのキレる脚をもった3歳ですが、気性的な成長がどこまでなのかは見てみないと未知数。高速馬場もあり、過度な期待は禁物です。


以上で19頭です。春のG1を沸かせたルフトシュトロームが出走予定です!

成長次第ではかなり期待できるはずですが、開幕週の速い馬場もなかなか手強い相手になります。例年通り前での決着になるのでしょうか?

今週もしっかりと予想していきましょう!