今週のチーム予想は新潟記念!

夏競馬ラストの新潟記念!!

今週のチーム赤鉛筆の予想レースは新潟記念です!

夏競馬のラストを飾るハンデキャップ競走なので、難解ですが当てていきたいところ。今週は登録馬21頭を全頭紹介します!

アイスストーム

前走はエプソムカップで大敗してしまいましたが、もともと重馬場は得意ではないほうです。良馬場なら、オープンクラスでも勝負になるので、天気次第では注目の1頭になりえます。

アイスバブル

目黒記念では2着に好走しました。レーン騎手の腕もありますが、速い馬場で結果を残しています。距離はもう少し長いほうが良さそうです。

アクート

出走してくれば、ほぼ1年ぶりになります。当時は成長期だったこともあり、期待できましたが、今回は長い休み明けの分割り引きは必要。

アールスター

小倉記念は速いタイムのなか中段から押しきりました。新潟で同じレースが出来るかは微妙で、ハンデも増える今回は人気するようなら妙味は少ないです。

インビジブルレイズ

オープン戦を勝ったあとは重賞で苦戦しています。前走は不良馬場で参考外ですが、ここで好走するにはもう少し成長が必要。ハーツクライ産駒なのでこの夏に強くなっている可能性はあります。

ウインガナドル

前走は前がおお逃げする難しいレースの中で良く粘りました。今回は重賞になりますが、課題は2000メートルという距離。少し長い印象なので、その辺り騎手がどう捌くかは重要です。

カデナ

小倉をパスしてこちらを使ってきました。仕上がらなかったのか、ここに絞ったのかはわかりませんが、実力を出せるかどうかは調教をしっかりみたほうが良さそうです。

ゴールドギア

タイムが速かった前走は、この馬にしては良く追い込んだほうです。新潟の馬場もかなり外差しが決まるようになってきてるので、位置取り次第では上位にくる可能性は十分にあります。

サトノガーネット

典型的なキレないディープインパクト産駒ですが、前走の小倉は綺麗な追い込みでした。夏の平坦コースが向いた可能性もあり、同じく平坦の新潟でも侮れないです。

サトノクロニクル

最近は成長がイマイチ止まった感じがあります。ハーツクライ産駒なのでこの夏で変わっている可能性は十分ありますが、休み明けの2000メートルは少しキツイ印象です。

サトノダムセル

デビューしてからまだキャリアが浅く、大事に使われています。新潟コースとの相性も良く、実力は少々足りませんがハンデ次第では狙ってみるのも面白いです。

サンレイポケット

長くキレる脚を使うので、新潟は向いています。前走が不良の2400なので、今回との条件代わりをこなせるかが大きなポイントになります。

ジナンボー

去年2着に入った馬です。七夕賞は重で馬場も合わなかったので、今回に的を絞って仕上げている可能性もあります。賞金を加算しないと今後のG1戦線でツラいので、ここは勝ちにくる可能性は高いです。

ピースワンパラディ

不良で後ろから行った前走は良く走ったほうです。良馬場なら巻き返してくるのは必死でハンデ次第では本命に推せる1頭です。

ブラヴァス

前走は勝ち馬とは適性の差で負けた印象です。新潟の2000メートルはまさにベストな条件なので、ここはハンデが重くとも勝ち負け必至とみます。

フリーフリッカー

ダートで重に走っている馬です、このままだと除外が確実ですが、出走してきても芝でこのメンバーではかなりキツイといわざるを得ません。

プレシャスブルー

新潟大賞典では、前残りの中で良い脚で追い込みましたが、成績のムラが激しいので、今回も馬券のあてには出来ない所があります。走ってしまえば好走しそうなので、扱いは難しいです。

ポポカテペトル

長い距離を中心に使ってきたので新潟の2000は少々短い印象。コースとの相性はよいので、消耗戦になれば出番がありそうです。

メートルダール

最近の成績がかなり低調になってきています。若い頃に比べて速い芝に対応出来なくなっているので、今回も苦戦するでしょう。

リープフラウミルヒ

どちらかというと小回りで成績を残しています。新潟も2着が1回ありますが、札幌からの転戦になると体力的に少しキツイかもしれません。

ワーケア

出走してくれば今回の1番の注目馬になりそうです、この夏を越えてどれだけ成長したか楽しみであり、今後のG1を予想する上で大事なファクターになります。


以上で21頭です!

個人的にはブラヴァスが順当に勝ちを拾うと思っていますが、ワーケアの成長ぶりにも物凄く興味があります。

いずれにしても楽しみな1戦ですので、週末が待ち遠しいです!