今年は阪神!CBC賞!

CBC賞

今週の赤鉛筆の予想レースは、今年は阪神競馬場で行われるCBC賞(芝1200)です!

例年は中京競馬場で行われるので少し予想が難しいですが、今年は阪神競馬場で行われます、開催が進んで馬場が荒れてきている事と、ハンデ戦ということもあり、予想は変わらず難しそうです。

6月29日現在の登録馬18頭について簡単にではありますが解説していきたいと思います!

アウィルアウェイ

前走で高松宮記念に挑戦しましたね、結果は11着と現在の実力くらいには走っていると思います。平坦コースに良績があり、左回りの中京コースは合わなかった印象です。阪神コースも坂がありますが、新馬戦で勝っており、ハンデ次第では穴に面白そうな一頭です。

アンヴァル

速いラップで前々から押しきるという脚質なので、平坦コースがベスト。阪神は不向きな印象です、一時期の夏の無理が祟って低迷が長く、ここも様子見です。

イベリス

こちらは反対に阪神コースとは好相性で、1着2回、3着2回と中々の数字です。ですが、古馬になってからの成績がイマイチで、少し成長に欠けている印象があります。ハンデが軽くなれば善戦する可能性はあるでしょう。

エイシンデネブ

全4勝のうち、3勝が小倉競馬場で挙げているもので、小回り&平坦コース巧者。阪神コースは原1勝クラスで勝っており、適性が全くないとは言えませんが、実力的に軽ハンデでも厳しいと思います。

グランドロワ

1200~1600で活躍している阪神巧者で、重馬場でも良績があります。ハンデは少し重くなりそうですが、その斤量次第では好勝負になっていいと思います。

クリノガウディー

高松宮記念は無念の降着でした。この馬は坂のあるコースで、時計がかかるレースがベストなので、今回の条件は合っています。ただ長い休みと、出来れば左回りの方がよいので、狙うのは次走かなという印象、ハンデも重くなりそうです。

ジョイフル

ダートと芝両方で勝ち星があります。芝は1200~1400で良績がありますが、オープンクラスのメンバーに入るとやはり見劣りしますね、ハンデが軽くても善戦は難しいと思います。

ショウナンアンセム

昨年の高松宮記念で3着に入った馬。ただこの時のレースは、藤岡ジョッキーの好騎乗があったこその着順で、1年の休養明けということもあり、今回はさすがに厳しいと思います。

ダイシンバルカン

小回りコースで勝ち星がある馬です、ただ最近のレースを見る限り、年齢的な衰えが顕著に現れています。今回も難しいでしょう。

タイセイアベニール

以前は勝ちきれないイメージがありましたが、ここ最近は成長が伺える内容で、好感が持てます。ハンデも重くなさそうなので狙ってみたいですが、重い馬場はあまり得意ではないので、その辺で注意が必要です。

ディメンシオン

ヴィクトリアマイルを取り消してこちらに登録してきました。1200メートルに出走したことはありませんが、阪神牝馬Sで3着に入った実力を持っています。ハンデ次第では面白そうな一頭です。

ディープダイバー

3歳までは活躍していた短距離馬でしたが、最近は少し壁に当たっているようです。成長が今一つな所も今回は手を出しづらいですね。

ナインテイルズ

短距離を中心に使われてきて、最近は二桁着順が続いています。年齢的にも、もう厳しいという印象ですが、ハンデが軽くなってどうか、という所です。

ノーワン

桜花賞トライアルのフィリーズレビューを勝って以来、良いところが全くありません。ただ、阪神コース自体は悪くないので、ハンデが軽ければ一発があるかもしれませんね。

ミッキースピリット

1200メートルのレースを3連勝して重賞に挑んできました。さすがにこのメンバーではキツイかもしれませんが、勢いと軽ハンデで乗り越える可能性はあります。

ラブカンプー

3歳の時にG1を湧かせた一頭です。前走の1000メートルの直線のレースは、それなりに走っているようには見えます、ただ基本的に走る気を無くしているようで、阪神の1200を走る気力は無いでしょう。

レッドアンシェル

去年のこのレースの勝ち馬です(去年は中京競馬場)ですが、戻ってきてからのレースの内容があまりにも低調で、ハンデも重くなりそうなのも不安。扱いが難しい一頭になりそうです。

ロケット

この馬も1200メートルを走ったことはないですが、阪神競馬場で3勝しており、コース適性はありそうですね。また、重い馬場もこなしており、ハンデ次第では十分勝ち負けになりそうな一頭ですね。


以上が登録の18頭です!難解なレースになりそうですが、頑張っていきましょう!