今週の予想レースは ユニコーンS!

ユニコーンS !

今週のチーム赤鉛筆の予想レースは

数少ないダートのグレードレース、

ユニコーンSです!

しかも3歳限定のレースは、このレース

と8月に新潟競馬場で行われるレパードS

しかありません。(地方競馬を除きます)

今後のダート会を占う重要なレースになります!

天気が気になる所ですが、チーム赤鉛筆は雨にもマケズに予想をしていきたいと思います!

簡単にですが、6月15日現在の登録馬について紹介していこうと思いますので、お付き合いください。

ダートのグレードレース
ダートのグレードレースは数が少ない!それ故に実力のある馬が揃うことが多いんです!

アポロアベリア

前走中山のダート1800メートルで1勝クラスを勝っていますが、1勝クラスを勝ち上がるのに6戦を要していますね、実力的にはメンバーの中では下の方かもしれません。ただこういうタイプは相手なりに(相手が強くても、弱くてもそれなりに)走るので、掲示板内ならありえますね。

オーロラテソーロ

前走端午Sに挑戦して8着に敗れています、1600メートルで勝ちきれずに、距離を短縮して勝ち上がってる所をみても今回は厳しいでしょうね。ただ、馬場が重くなるのは得意な方なので天気が悪ければ穴に考えてもよいでしょう。

天気に注意!
ダートのレースは芝のレース以上に天気に左右されることが多いです、当日の馬場状態は必ずチェックしましょう!

カフェファラオ

今回のレースで一番の注目馬だと思います。前回のヒヤシンスSでは後方からまくりぎみで上がっていって見事に勝ちきりました。その脚力はメンバーの中でも一枚上と見ます。キャリアがまだ二戦しかないのでその辺りが心配ではありますが、勝利に近い一頭ではないでしょうか。

キタノオクトパス

この馬も前走で1賞クラスを勝ち上がってますね、ただ、この馬の場合は今回と同じ条件で勝っています。父も芝ですが東京コースでは強かったフェノーメノなので、連までは難しいかもしれませんが、勝負根性はあると見ます。

キッズアガチャー

前々走で京都新聞杯に挑戦しましたが、いいところなく終わりましたね、前走の鳳雛Sでは5着に入っているのでやはりダートのほうが良いでしょう。速い上がりが使えるので展開次第では上位に来てもよさそうです。

ケンシンコウ

前走は7番人気で穴をあけました。2走前では前出のアポロアベリアに負けており、実力は微妙ですが、未勝利勝ちの時とは違って、脚を溜めてレースを運んだ事には価値がありますね。

サトノラファール

京都の端午Sを豪快に差しきっての勝利は圧巻でした。ですが距離を1400メートルに縮めてからの2連勝なので今回の東京1600メートルという舞台に合うかどうかは未知数と言えます。父のゴールドアリュールは東京コースと相性がよいのでその血統背景でどこまで頑張れるか、でしょう。

コースと血統
飽くまで傾向にすぎませんが、コースと血統に相性があります、特に気になるものは取り上げていきたいと思います!

サンダーブリッツ

キャリア8戦中7回1600メートルを走っています。勝ったのがその1600メートルなので距離適性はありますね、ですが騎手も計5人が乗っています。加えてまだまだ競馬の形も決まっていないので、さすがに今回は厳しいでしょうね。

サンライズホープ

こちらも前走で1勝クラスを勝ち上がりましたが、キャリア4戦とまだ浅めですね。前走は重馬場のなかスピードで押しきりました。天気が悪くなった場合、前走同様に前で粘る可能性はあります。父のマジェスティックウォリアーから受け継いだ先行力は魅力です。

スリーグランド

前走12番人気で3着に入って3連単で大穴をあけました。ですがレースの流れが速かったのでそれに助けられた3着であると考えられます。ただ、ハイペースで差してくる脚を持っていることは前走で証明されたので同じ展開になればまた大穴…なんてことも考えられます。

タガノビューティー

昨年の冬に芝のレースの2歳G1朝日杯フューチュリティステークスに挑戦しました。ダート馬の挑戦は決して珍しくないんですが、見事に好走しました。近2走はダートに戻して健闘しています。ただ、脚質的に後ろからなので差しきれずにレースが終わってしまう事も考えられますね。

デュードヴァン

カフェファラオと並ぶ今回の注目馬です。アーリントンカップの負けは芝が合わなかった、で片付けて良いです。特にハデな勝ちかたをする訳ではないのですが、こういうしぶとくレースを運んで勝ちきる馬は実力が高いことが多く、接戦に強いので軸馬には良いと思います。

軸におすすめ!
デュードヴァンは東京ダート1600で3戦3勝!しかも馬場状態が良、重両方で勝っているので凡走する可能性が低く、軸に良いと思います!

フォーテ

勝っているレースが1400メートルだけと、今回の東京1600メートルには課題が残る印象ですね。前走は逃げてデュードヴァンに0.5差なので、展開がハマれば掲示板に載る事があってもいいでしょう。

フルフラット

サウジアラビアのレース、サンバサウジダービーカップを勝って歴史に残る馬になりました。日本での成績と海外帰りの影響は心配ですが、海外の経験が日本のレースに生きる事はあるので、期待は膨らみます。

マカオンブラン

前走は園田競馬場のレースで負けてしまいました。ですが左回りの中京コースでは2戦2勝なので、同じ左回りの東京コースは合っているかもしれませんね、それでも実力的には低いと思います。

メイショウベンガル

ずっと芝を使ってきて前走初ダートで勝利しました。ダートでのキャリアがないので、もまれた時に力を発揮できない可能性と、芝の勝ちも1200メートルなので距離に不安もあります。

ラブリーエンジェル

キャリア11戦と、かなり多い方になります。そのなかでも馬場が重くなった時は成績が上がっているので、天気次第では浮上の可能性はありますが、連まではどうでしょうか。

回り順と重巧
右回り、左回りで成績が一変する馬がいます、そして、馬場状態が重いと成績があがる馬もいます、過去の成績は要チェックです!

レッチェバロック

今回のレースの惑星ですね。前2走ともにルメール騎手が乗って大楽勝しています。今回のレースも人気になるとは思いますが、距離が1ハロン伸びる事、また、牝馬でありキャリアも2戦な事から、もまれた時にどうなるか未知数な所があります。ですが期待の1頭であることに間違いはありません。


以上が登録の18頭でした。あなたの気になる馬はどの馬でしょうか?

最後まで読んでくれて有り難うございます!