血統について その1

サラブレッドの血統

血統の簡単なテーマ!

父方日本と母方日本の中肉中背日本男児のまっぱらやすただ!!

今回は血統についてだ。

ざっくりと芝向きやダート向きってのを説明してみたい。

芝向きかダート向きか?
サラブレッドの血統は多種多様で本当に難しいんだ!だから初めは芝に向いているか、ダートに向いているか、位を覚えていればだいたい平気だぜ!

に向くお父様

2019年度 種牡馬 芝勝利数ランキング

1位 ディープインパクト 239勝
2位 ロードカナロア 109勝
3位 ハーツクライ 102勝
4位 ルーラーシップ 69勝
5位 オルフェーブル 64勝
6位 ハービンジャー 62勝
7位 キングカメハメハ 59勝
8位 ダイワメジャー 58勝
9位 ジャスタウェイ 50勝
10位 ステイゴールド 48勝

出走馬のお父様が彼らなら、芝に適性があるだろう。

芝は瞬発力の勝負になることが極めて高くなるので

彼らが父方の御先祖さまなら芝に向く可能性は高くなるぜ。


をゆく 現役馬

2020年日本ダービーを無敗で勝利した

コントレイル

彼の父が芝で最高の勝利数を叩き出した

ディープインパクト!!

ディープインパクトは後方に構え

4コーナーでまくり差したり

最後の直線で加速して他馬を突き放すようなレースをした名馬!!

コントレイルもその偉大な瞬発力を受け継いでいるようで

ダービーまでのレースでは上がり最速の脚で勝利している。


芝に咲いた 名馬

ジャパンカップを2年連続で勝率!

ディープインパクト産牝馬

ジェンティルドンナ

新馬戦では2着になるも、徐々に力をつけてゆき

クラシック路線3冠を勝ち取った!

彼女の急成長ぶりはディープ産駒ならではだろう。

先行や差しという脚質で

最後の直線。追い比べでの彼女は鋭くも粘り強くもあった。


ダートに向くお父様

2019年度 種牡馬 ダート勝利数ランキング

1位 ヘニーヒューズ 77勝
2位 ゴールドアリュール 75勝
3位 サウスヴィグラス 61勝
4位 ロードカナロア 51勝
5位 クロフネ 41勝(2着54回)
6位 エンパイアメーカー 41勝(2着42回)
7位 ハーツクライ 40勝(2着41回)
8位 パイロ 40勝(2着33回)
9位 オルフェーブル 39勝
10位 キンシャサノキセキ 35勝

ダートとは砂のコースだ。

みんなも海で砂浜を走ったりしたことあると思うんだが

早く走れないし、足が沈んでしまい力がいるなぁと経験したことあるんじゃないだろうか??

そう。簡単に言えばパワーのある血統。がダートは向く!


ダートをゆく 現役馬

現7歳 まだまだ現役!

ゴールドドリームはランキング2位

ゴールドアリュールの子だ!!

新馬戦から驚異的な存在で、連勝を重ね。

重賞には出走するも一歩届かず、、、、

が、4歳になった2月フェブラリーで初のG1制覇!

なお、現在もダート界でトップレベルの地位に健在!!

まだまだ楽しみな存在だ!!


ダートで輝いた 名馬

浮き沈みはあるものの見事な複勝率を誇る

テイエムジンソク

徐々に力をつけつつ、覚醒!!

2017.12.3チャンピオンズカップ(G1)では、

あのゴールドドリームにクビ差の2着まで迫った!!

ダートの戦績28戦9勝 2着6回 3着4回 4着以下9回

複勝率約68% 本賞金3億500万円を記録!!

立派な成績じゃないか?

おれには一生稼げないだろうな!!

覚えきれない!
中央競馬の大きなレースはほとんど芝で行われる、もし覚えきれないようだったら芝に絞ってみるのもいいかもな。ダートの条件戦とか色々なレースをやってみたくなったらその時にまた確認してくれればいいぜ!

器用な血統

  • ハーツクライ
  • ロードカナロア
  • オルフェーブル

例外として芝もダートもこなせるぜ!!

というゆう種牡馬をピックアップだ!!

この血筋はパワーもあるがスピードもあるタイプだ。

故に芝もダートも走れる子供が育つみたいだ。


からダート、そして、、、

父ハーツクライの子に産まれ芝に適正があると思われ5戦3着1回

その後ダートに変更、なんと複勝率92%を記録!!

スワーヴアラミス

ゆっくりと成長しダート界トップレベルたちとG3の平安Sを5着!!

ヒケを取らなかった!!今後が楽しみな存在だな!!


親戚に両刀の名馬!!

種牡馬として高い評価を得ているロードカナロア!!

彼の父の父の父。ミスタープロスペクター!略してミスプロ!

彼の息子クラフティプロスペクターは偉大な名馬を産み出した!!

アグネスデジタル

3歳の年末その才覚は目醒め始める。

地方川崎競馬場でG3全日本3歳優駿を制覇!!

芝とダートの両レースで3着や着外と惜しい結果を残していくが、、

秋に入り東京競馬場ダート武蔵野Sで2着!!

次走の京都マイルCSで初のG1を制覇!

まだ止まることをしらず、、

翌年には地方ダートG1マイル戦を制覇し、

次走の天皇賞(秋)の芝コースを勝利!と怒涛の勢いやまず!

香港で行われた。香港カップ芝2000mを勝利!

続いて東京ダートG1フェブラリーステークスを制覇した。

ここまで大きなレースを制覇できる競走馬は稀だが、、、

彼の血統!現在ではキングカメハメハやロードカナロアには

またこのような両刀の名馬が産まれるのかもしれない、、、


お母様の影響

お父様の血筋も重要だが、、

お母様の影響だってもちろん受け継ぐ。

母方のご先祖さまが芝とダートどちらで活躍したか?

それをみてあげたら大丈夫なんじゃないだろうか?

母方の血の影響
レースの予想をする時は、ほとんど父方の血統で判断する事が多いぜ。でも新馬戦なんかで競走成績がない場合に参考にしたりするんだ。大きなレースにしか手を出さないんなら参考程度で考えてくれていいぜ!

語りきれぬ切なさ

どうだろう、少しはイメージが掴めただろうか。血統に関しては書籍を出してるような人もたくさんいて、難しさもあるんだ。

次回はもう少しだけ詳しく説明していこうと思うぞ!

ということで、

少しでもみんなのためになれたり、

参考になれたり、

役に立てたら嬉しいぜ!

もっとちゃんと教えろよ!!なんてことがあるならコメントでもしてくれよな!!

いつでもウェルカムで待ってるぜ!

コメントを残す